五輪開催だけが菅首相に評価をもたらすのか?

今、五輪を開催すべきかどうかと言う事で世間が揺れている。しかし揺れているのは「世間」であって、政府にとってはどうやら「開催ありき」の選択肢一本しかないようだ。もし五輪を開催しそれが成功すれば、政府そして菅首相の評価はうなぎのぼりになるであろう・・・。とは僕は思わない。そもそも現在の民意は五輪回避にすべきだと言う意見であるように思えてならず、もし菅氏が五輪を強行すれば菅氏は民意を無視したと言う事になる。しかも菅氏は「五輪開催=成功」と言う等式しか眼中にないように見えるが、しかし「五輪開催→失敗」と言う事も十分にあり得る。最悪は、「五輪開催→コロナ患者が急増→五輪中断」と言うパターンであろう。五輪失敗に終われば菅氏の政治生命は完全に断たれるわけであるが、では何をしてもダメなのかと言うとそういう訳ではない。現在の状況であれば、「五輪開催断念」と言う決断をすることは、五輪を強行すると言う決断以上に英断と言えるだろう。

菅氏にとって、国民の命より五輪開催による自身の支持率向上の方が重要なのか?そう思えてならない。緊急事態宣言が5月11日までと言う非常に中途半端なのも、その直後のIOCバッハ会長の来日に合わせてのものだと言われている。これまでの緊急事態宣言もそうだが、菅氏の決断は何もかもが中途半端に思えてならない。結局二兎追って一兎も得ずと言う事になるのではないだろうか?そもそもこのような国民の事を考えない政治家が首相になること自体、完全に間違っていると僕は強く思っている。

もちろん五輪を強行して成功する可能性も十分にある。そして菅氏はそれを期待して強行しようとしているのだろう。ではそのような可能性があるにも関わらず、なぜ多くの国民は菅氏の判断に従えないのか?それは菅氏の後ろ姿に誰もついていけないと言う事であろう。僕は意外に大きかったのは、菅氏のステーキ会食問題であったと考えている。たかが一会食だと思うかもしれないが、トップは自分の行動によって国民に取るべき道を示すべきであるのだが、そのトップがそのような姿しか示せないようであれば誰もそのようなトップについて行こうとは思わない。

今回の五輪開催の問題は、それが成功するか失敗するかに関わらず、菅氏が国民の方を全く見ていないと言う事を示すものであった。僕は必ずしも五輪を否定しようとは思わない。選手にっては4年に一度の五輪であって、その一度に人生を懸けている選手も少なくないであろう。しかし首相が実行を決断するのであれば、その根拠を明確に示すべきである。「強行したらたまたま成功した」と言う事でしかないのなら、例え五輪が成功しても菅氏には誰もついて行こうとは思わない。菅氏は「五輪が成功すれば、皆自分を支持する」と思っているようだが、僕はそれは全く違うと考えている。成功した暁に支持率を高めようと思うのならば、その開催強行の根拠を示さなければならない。そうでないと開催しようがしまいが菅氏にとってはこれからは茨の道になるであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA