仕事がもたらしてくれるもの。

仕事とは何か?この問いには様々な答えが存在するだろう。お金を稼ぐ手段、人生にメリハリをもたらしてくれるもの、あるいは人との出会いと言う人もいるかもしれない。もちろんこの中でもお金を稼ぐと言う事は一番重要かもしれないが、ただお金が入ってくれば何でもいいのか?と言えばそうではない。もちろん割り切って、お金をくれれば後はどうでもいいと言う人もたくさんいるかもしれないが、僕は仕事と言うものはお金以上に、お金を稼ぐ過程によってもたらしてくれるものの方が大きいのではと思っている。

もしかしたら、百万円稼ぐ過程よりも、一千万のお金の存在の方が大きいと言うかもしれない。それはその通りである可能性は高い。なぜなら、仕事によってお金を稼ぐ過程がもたらしてくれるものというのは、大きな金額がかかっているほど過程も大きくなると考えられるからだ。だから百万円の過程と一千万円のお金ではなく、一千万円同士で考えればお金の存在より過程の方が大きくなる可能性は十分ある。

当たり前の事であるが、お金が入ってくるまではどうしてもラグが出て来る。たいていは一か月とか長くても三か月と言うところだと思うが、中には一年、あるいは十年と言う場合も出て来る。これをどう見るか?十年もラグがあれば、その間は周りから見れば仕事をしていないように見えるかもしれない。もちろんお金がなくては生きて行けないので、何らかの手段、あるいは副業でしのぐことが求められる。しかしその十年、お金が入ってこなくてもその取り組みはれっきとした仕事なのである。十年お金が入ってこなくても、十年後にそれが実って一億円入ってくればそれは年平均1000万稼いだことになる。

宝くじで一億円を当てることに憧れる人は多い。その一方、宝くじを否定する人も多いが(僕もその一人である)、なぜ宝くじで当てるのは良くないのか?テレビなどでは浪費して失敗した人などが取り上げられるのでそのような意味で否定する人も多いが、僕が思う致命的な点は、宝くじには稼ぐまでの過程が全く存在しないことだと思っている。自分で稼いだ一億円ならばそれまでの過程によってそれが二倍、三倍の価値を生むが、宝くじの一億円は過程がすっぽり抜けていることによって数分の一、あるいはマイナスになることもあるだろう。

なぜこのような話題を取り上げたか?それは僕が今非常に充実を感じ、とてつもなく大きなやりがいを感じているからである。もちろんその研究の仕事には大きなお金がかかっている。とは言え、失敗すればゼロである。なぜこのような充実感とやりがいを感じることができるのか?それはやはり結果を出すまでの過程が充実感、やりがい、そして幸福感をもたらしてくれるからである。既にお金を手にしているのならばそのお金がもたらしてくれているとも言えるが、今僕はこの仕事に関してはまだお金はゼロである。そしてやはり失敗すればお金はゼロである。とは言え、もちろん僕は成功する自信があるのでその問題に取り組んでいる。その中で、仕事の過程と言うものの重要性を学ぶことができた。ただ単に楽しむだけなら仕事ではなく趣味でやればいい。仕事と趣味は根本的に大きく違うものなのである。なので僕はお金に関する事以上に仕事と言う形に大きくこだわっているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA