僕がこのブログで本名を明らかにしていることについて。

僕の名前(本名)は木原康明。このブログのタイトルの通りだ。なぜ有名人でもない僕がブログのタイトルで本名を明らかにしているのか?理由はいくつかあるが、一つは名前(僕の姿かたち)を隠して発言したくはなかったからだ。世の中の事についてニックネーム(偽名・匿名)で物事を発言している人は多い。しかし僕にはそれは卑怯なのではないかと思うのである。もし正論を言うのならば、自分の姿かたちを堂々と明かして声高に叫べばよい。しかし実際は自分の姿かたちを隠してこそこそとネガティブキャンペーンをしている人も少なくはない。

最近世の中では、ネット上での誹謗中傷が問題になっている。そしてそれらの誹謗中傷をやっている人のほぼ全てが偽名・匿名で攻撃を行っている。もし誹謗中傷をしたければ、首相や大統領に対して本名で行ってみればよい。しかしそれらの人はそんな勇気は全くないであろう。弱者には強く、強者には弱いのである。今、菅義偉氏が日本国の総理大臣に就任した。まだ就任したばかりなので良いとも悪いとも言えないが、官房長官時代の菅氏を見て(安定感は圧倒的だが)、僕の心証はあまり良くはない。これから良い政策をボンボン打ち出して行って欲しいものだが、もし道理にそぐわないような政治をしようものなら僕は容赦しない。総理であろうと強く非難していくつもりである。

話は元に戻るが、僕が本名を出していることによるメリットはあるのか?今現在だけで見ると全くない。しかし何も考えないで名前を出しているわけでもない。ブログで本名を出しているのは将来への一つの布石でもある。もちろん本名を出したことに対して後悔などは全くない。そいう言えば、一つ良いことがあった。それは海外に住んでいる中学時代の同級生が、僕のブログを見つけてくれて連絡を寄こしてくれた。それ以来、彼が毎年日本に帰国したときは一緒に飲む仲となった。

僕は立派な人間でも何でもないが、ただいくつか心に決めていることがある。弱いものに優しく、権力者に対して厳しい態度を取る。長いものに決して巻かれない。それが木原康明と言う人間だ。それができなくなれば、もう木原康明ではない。と言いたいところだが、やはりどうしても妥協してしまうこともある。優しくしたくても少し強く当たってしまうこともある。そこは僕の人間的な弱さなのかもしれない。しかし匿名・偽名で人を攻撃(誹謗中傷)するようなことは決してしない。今の僕には何の力もないかもしれないが、菅義偉総理は心して身構えた方が良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA