僕はバカな生き方をしたいんだ!

僕は常々バカな生き方をしたいと思っている。しかしこのバカな生き方というものは、簡単にはできない。そしてバカな生き方をするためにも、知性をつけて理性的にならなければいけない。何も考えないで生きるのがバカな生き方ではない。ある意味常識を超える生き方、それがバカな生き方というものだ。

バカにバカな生き方はできない。それはバカがおバカタレントになれないことからも明らかだ。賢い生き方をしようと思う人は多いが、僕は賢い生き方というものに全く価値を感じないし、魅力も感じない。自分の調子が悪い時、少し賢い生き方をしようと思ってしまう。それは余裕がない証拠だ。心に余裕がないと、バカな生き方をしようと思うことはできない。

クイズ番組で立て続けに正解を出すタレントと、面白いおバカ回答を出すタレントのどちらが面白いか?僕はおバカ回答をするタレントの方が圧倒的に面白いと思うし、魅力を感じる。それと同じだ。おバカ人生を生きる人間の方が自分も他人も圧倒的に面白いし、愉快な気持ちになれる。賢い生き方をしている人は、「賢いね」の一言で終わってしまう。ただそれだけである。人生は楽しくないといけない。愉快でないといけない。僕はそう思っている。

今僕は、50%くらいバカな生き方をできているのではないかと思っている。ということは、まだ50%足りない。僕は何でも100%というものは狙わない方が良いと思っている。なのであと45%くらいバカになって、人生をシンジョイしたいと思っている。(シンジョイとは、新庄(元阪神タイガース選手)並みにエンジョイするという言葉である。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA