強さと弱さ。

誰もが強さと弱さの二面性を持っている。もちろん圧倒的に強い人もいれば、圧倒的に弱い人もいる。多くの人は強い人間になりたいとは思っているだろうが、しかし弱さが存在することによって気づくことも多々あるし、大事なのは強さと弱さの相乗効果なのである。

強さには大きく二種類ある。一つは肉体的な強さ、もう一つは精神的な強さである。しかしこの二種類の強さは独立してあるものではなく、肉体的強さが精神的強さをもたらし、そして精神的強さがさらに強い肉体をもたらす。例えば、プロスポーツ選手にとって鋼のような肉体は不可欠であるが、そのような強靭な肉体を手に入れるためには強い精神力によって鍛えなければならない。そして学問とはある意味精神活動の極限だと言えるが、そのような精神活動を推し進めるためには健全な肉体は非常に頼りになるものである。数学とは「一に体力、二に体力、三四がなくて、五に知力」とはよく言ったものである。

僕は最近、かなり強くなっていると自分では感じている。しかしそれと同時に弱い側面もかなり大きくなっている。ある意味、人間性が強烈になって来ていると言える。しかしそれは自分の望むところであり、今僕はかなり自分らしく生きていると感じている。しかし好不調の波はある。そこが僕の一番の課題ではあるが、それを克服するのも時間の問題だと思っている。

自分はどこまで強くなれるのか?そしてそれは現在の弱さを抱えたままでも行けるのか?これは自分自身における挑戦である。しかし他人から見た目と言うものも気にしてしまう。それははっきり言って、現在の自分の弱さだ。自分自身の挑戦は、自分の内部の思考によって推し進めるべきだ。そしてそれ以外の面では他人の目を気にするのも良いと僕は思っている。いや、気にすべきところは気にしなければならない。服装や身だしなみを、そんなものは関係ないと気にしないのは単なる独善である。自分自身の挑戦に打ち込みながらも、意外とそんなところも気にする僕である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA