手段と目的を混同してはいけない。

政治の世界を見ていると、いつの時代も賄賂の問題が取り沙汰されている。賄賂とはほぼ全てお金が絡んでいるが、後になって「お金を返したから問題ないだろ」と言う政治家が頻繁に表れる。これこそ手段を目的を完全に混同している典型的な例だ。ここで言うお金のやり取りは手段であって目的ではない。目的は「便宜を図ってもらう事」なのである。便宜を図ってもらう手段としてお金のやり取りが発生するのである。なのでお金を返還したからと言って、便宜を図ったと言う事実は消えない。なので政治家がお金を返還したとしても、何の責任回避にもならないのである。

話は変わるが、新型コロナが流行しだしてから既に一年以上経った。しかしまだ流行が収まる気配はないが、唯一の救いはワクチン接種が開始され、ワクチンによって集団免疫が獲得されれば国内の流行は収まるかもしれないと言う見通しが少しは出て来たことだ。しかし海外ではまだワクチン配布の目途も経たない国は多く、例え日本国内である程度流行を抑えられたとしても、世界的に流行を制圧するためにはまだまだ時間がかかりそうだ。そのようなコロナ流行の時世の中で、人々は極力コロナウイルスとの接触を避けようと試行錯誤している。中にはコロナウイルスに過剰に反応して、過剰な行動とをとってしまう人もいる。そういう僕も色々と過剰な反応をしてしまうことが多い。しかし問題の本質はコロナに感染しないようにすることであって、極度にコロナらしきものに汚れることを防ぐことではない。例えば、コロナウイルスとの接触を避けるのはコロナ感染を防ぐためであって、そのための手段でしかない。しかしこのような手段を暴走させ、過剰に反応する人も少なくない。

よく「目的のためには手段を選ばない」と言われることがある。確かにビジネスでは変なプライドにこだわって手段を選んでいてはお金を儲けることはできないし、手段を選ばないと言う事はあながち間違ってはいないだろう。しかし「人生においてどのように進んで行くか?」と問うた時、手段を選ばずに進んでも良いものなのか?人生と言うものは結果だけを見て評価されるものではない。歩んでいる道そのものも人生の重要な一部分なのである。なので歩んでいる道(つまり手段)と結果を総合してどのような人生にすべきかと言う事を考えなければならない。もちろんこのような僕の意見に反発する人も多いだろう。お金が全てだと言い、お金を得るためには手段を選ばないと言う人もかなりいる。しかしそのような人間ばかりではないことも事実である。命より大切なものはほとんどないが、お金より大切なものは沢山あるし、もしそのようなものはないと言う人がいればおそらく精神が貧弱な人だと僕は思っている。

ただ手段は一つだけではない。いくつかある道のうちからどの道を選ぶかとなった時、熟考を重ねて、しかしながら時には瞬時に判断しなければならない。そのような判断すべき時に、まともな判断ができるかと言う事は、これまで自分が歩んできた道が関係して来るものだ。自分の価値感と言うものは、これまで自分が歩んできた道に大きく左右される。なので手段(道)にこだわると言う事も非常に重要なのではないかと僕は強く感じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA