禁欲生活は程々に。

以前のブログで、コロナ対策で外出しないことをきっかけに禁酒生活を始めたと述べた。僕自身、目的のためならかなり自制できる性格だし、(睡眠以外は)かなりコントロールできると思っている、そしてここ半月ほどアルコールを一滴も飲まなかったが、過度の禁欲のせいか調子が全く乗らなかった。そして今日久しぶりにビールを飲んで発散すると、何だかいろいろと調子が良くなったように感じる。やはり適度に飲んで、適度に発散することは非常に重要なのかもしれない。

自分の調子の良い生活のためにも、そしてある意味研究を調子よく進めるためにも、これからは数日(二、三日?)に一度は適度にビールでも飲もうと思う。そして適度にコーヒーも飲もう。禁欲して快調に進むのならいくらでも禁欲するが、ビール飲んで、そしてコーヒーを飲んで調子良く進めるのなら、それに越したことはない。逆に言えば、気分発散は今のところ、適度な飲酒とコーヒーだけでいい。それ以外にしたいことがあれば、結果を出してからやればいいのだ。

先日、テレビで元阪神のプロ野球選手の新庄剛志さんの特集をやっていた。新庄さんが野球をやめてもう13年にもなるそうだ。僕が阪神応援にのめりこんでいた受験生時代、新庄さんは阪神の輝くスターだった。そして「シンジョイ」(新庄並みにエンジョイすること)と言う言葉は、僕のお気に入りの言葉だ。その新庄さんが今再びプロ野球に挑戦すると言う。年齢から考えると、100%、いや200%不可能である。しかし新庄さんならもしかしたらできるかもしれないと思わせるところが不思議な存在だ。新庄さんは憧れであって、僕には到底まねはできない。しかし僕には僕の生き方がある。新庄さんのように心臓に毛をボーボー生やしたいと思うが、現実は心臓に毛を一本でも生やすことに苦労している。

新庄さんは能天気に見えて、実は非常にストイックな人間であると言うことを知って非常に驚いた。やはり成功する人は、人からは見えない所で必死に努力しているものだ。僕自身、かなりストイックな方だとは思うが、まだ新庄さんにはかなわない。ストイックに禁酒しようと思ったが、自分の調子と相談してそれはやめにした。やはり大切な事は、シンジョイすることかもしれない。取り組んでいることを楽しみ、それでいてストイックに努力する。僕がストイックに取り組むことは禁酒ではなく、研究に打ち込むことそのものである。さあ、たま~にビール飲んで思いっきり頑張るぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA