自分の限界の少し超えたところ。

人間である以上、何事も限界というものがある。限界を超えた状態を続けると過労死などの問題が起こるが、自分をどれくらいの状態で維持しどこを目指すかといった時、僕は自分の限界の少し超えたところを目安に持って行きたいと思っている。とは言え、そのような高レベルな所で維持することは難しい。なのでそれくらいの所に目標を置くと、ちょうどいい所に落ち着く。

自分の限界を上げることは永遠の命題である。油断をすればすぐに限界が下がってしまう。下がるのはすぐだが、上げるのは難しい。そこを根気良く挑戦し続けて、少しずつ上げて行かなければならない。

自分の限界を上げることが出来ると、より高い所から物事を俯瞰することが出来る。そして自分に何が足りないかという事がはっきりする。そのような事がどんどんわかって来るので、やるべきこともどんどん増えてくる。物事というものは、進めば進むほどやるべきことが増えるものだ。ある意味エンドレスである。そこをどのようにエンドへ持ってくるか?これは非常に重要な問題である。中間地点で一時的なエンドを作るか?全てをやり切って真のエンドを作るか?あるいは諦めてエンドにするか?この様に選択肢はいろいろあるが、果たしてどのエンドを選ぶのであろうか?

僕は今、一時的なエンドの置きどころを探っている。とは言え、妥協はしたくない。なので高い所でエンドを置こうと思っているので、そこへ行く準備だけでも膨大な量になる。しかしビジョンがはっきりとしているのでモチベーションを維持することが出来ている。現在かなりきつい状況に置かれているが、成し遂げる自信は大いにある。なので今は一歩一歩、いや、三歩三歩くらいで少し急ぎながら前進しようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA