西村大臣の「神のみぞ知る」発言について。

数日前、西村経済再生担当大臣が、コロナの行方について「神のみぞ知る」と言う発言をしたことについて、僕は非常に憤りを覚えている。しかもその言葉が批判されると、「尾身氏(新型コロナウイルス感染症対策分科会会長)の言葉を引用しただけだ」と言う、開いた口がふさがらなくなるような言い訳を発言した。ああ、なんて低レベルな人間のはびこる日本の政界か・・・。いや、トランプアメリカはもっと酷かったが。

そもそも尾身会長はどのような意味でこの言葉を使用したのか?それは「100%予測できるわけではないと言う意味で「神のみぞ」と発言したが、その神のみぞ知る領域に少しでも近づくべくデータを出して対策を練らなければならない」と言う趣旨で、比喩的な意味でそのような言葉を用いたと言う。そのような文言だけを真に受けた愚かな大臣が、その言葉をそのまま自分の口から垂れ流した。そして批判を浴びると人に責任を擦り付ける。そもそもこの問題については、大臣たちは政策を練って少しでもコントロールすべく動かなければならない立場にある。それを「神のみぞ知る」と投げ出しては、それはもう職務放棄でしかない。もしそのような発言をしたければ、議員を辞任した方が良い。

そしてこの言葉は政治家としてあまりにも軽すぎる。菅総理が無能なら、その手足となる大臣もさらに無能と言うことか。一度出すことはすべて出したうえで早く総選挙を行った方が良い。しかし今は安倍政権から変わった新鮮さがまだ残っているので、支持率はそこそこ高めである。しかし次の総選挙を先延ばしすればするほど菅政権は苦境に追い込まれるであろう。僕自身これまでは自民を支持していたが、菅自民は全く支持できない。何度も言うように、石破総理が渇望される。

確かに安倍政権末期はそれなりに酷い状況であった。しかし現在の菅政権は安倍政権とは比べ物にならないほど無策無能である。そして各大臣含めて責任転嫁、不都合な人間は徹底排除の姿勢である。このような状況はどこかで見たことないか?以前のトランプ政権である。トランプ政権の超小型版が菅政権だと言える。GoToキャンペーン停止も即時に判断できない。何のための権力か?権力を生かすも殺すも大臣たちの資質にかかっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA