頭隠さず、尻隠さず!

ローランドさんのYouTubeを見ていると、ローランドさんがこんな言葉を言っていた。確かにローランドさんほどの派手な人間ならどこに行っても注目を浴びるだろうし、逆に隠れようと思っても隠れようがない。しかし何もやましいことをやっていなければ、そもそも隠れる必要などないのだ。

とは言え、何か事を起こそうものなら、それが悪いことではないとは思っていても何でも叩かれる世の中だ。しかしそこで重要になるのが、自分の中での基準だ。例え社会的に悪いと言う風潮であっても(それはそもそも流行のようなものである)、自分が正しいと思えばそれを貫けばよい。とは言え、それはなかなか度胸のいることだ。例えば有名人だと、付き合いなどを隠すために目立たないように行動したりする。それが普通かもしれないが、僕はいっそうの事、全て堂々とさらそうと思っている。もちろん僕は現在別に有名人ではないので、僕の行動に注目する人もいないのだろうが、このブログサイトのタイトルで堂々と名前をさらしているのもそう言うことである。

自分を隠そうとしていると、それはそれで非常に疲れることである。しかし全てをさらすのも気力がいる。しかし僕は後者の生き方を取ろうと思っている。ローランドさんが言うように、「頭隠さず、尻隠さず」だ!例え一国の総理にブログなどで物申す時も、堂々と自分の名前を名乗って突きつけたい。大事なのは他人の目ではなく自分の意志だ。そのような意志を貫くためには、自分を隠していては成し遂げられない。自分はローランドさんにはなれないが、自分のアイデンティティとなる意志は示し続けたいと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA