40代の青春化。

果たして自分のこれまでの人生の中でいつが一番楽しかったであろうか?大人になると多くの人は、10代や20代の頃、つまり青春時代が楽しかったと言うであろう。そして「時代を戻せるのならいつに戻りたいか?」と問われると、これまた10代の頃と多くの人は答える。では30代や40代はそんなに面白くないのかと問われれば、もちろん人にもよるが決してそうではない。ただ10代の頃と比べると多くの人は既定路線に乗り、刺激や感動が少ないのではないかと思う。

では僕自身は人生でいつが一番楽しかったか?そう問われると瞬時に「今だ!」と答える。別に10代に戻りたいとも思わない。それは10代が楽しくなかったわけではなく(非常に苦しくはあったが)、今が非常にチャレンジングでエキサイティングだからである。言い換えれば、今が僕の青春だと言える。僕は40代を青春化しているのである。とは言っても、もちろん楽しいだけではなく、非常に苦しくもある。人生のリスクも最大限取っている。明日どうなるかもわからない。しかし最もチャレンジングな生き方をしていると言う自負はある。今大きな問題に取り組んでいる。そして今、その問題を解決する道筋も見えている。これからの人生が非常に楽しみなのである。

挑戦と苦しさは表裏一体である。挑戦することは、精神的にも非常に大きな負担がかかる。なのでリスクを取って大きな問題に挑戦するためには、まずは精神を鍛えなければならない。もちろん僕も決して精神が強靭だと言う訳ではない。しかし精神は自分次第でかなりコントロールできる。そして何とかコントロールしながらぎりぎりのところで持ちこたえている。

確かに青春時代は非常に面白い。しかしだからと言って、40代以降を惰性で過ごすのは非常にもったいない。それどころか、人生の後半を青春化して刺激に満ち溢れたものにしたいものである。人間は歳を取れば誰もが老化する。確かにそれは医学的には正しいかもしれない。しかしそのような医学的な限界に挑戦し続け若返っていくのも非常にエキサイティングな挑戦だ。サッカーの世界では、カズが50代になってもプロの第一線で活躍している。ならば自分も学問の世界でカズのような存在になればいいではないか!皆もそれぞれ自分の活躍する世界でカズのように第一線で活躍し続けることを目指せばいい。もちろんそれは簡単な事ではない。しかし不可能ではないと僕は考えている。そのためには現在を青春化することが不可欠だ。

今立場的にも非常に苦しい位置にいる。しかしそれは今日の立場であって明日の立場ではない。明日の立場は今日までの自分が築く。なので今日挑戦して努力しないことには明日以降の変化は望めない。今僕の取り組んでいる挑戦は非常に時間のかかるものになっているが、最後は何が何でも成し遂げる、そう考えて今一歩ずつ前に進みながら40代の青春を謳歌している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA