90%の失敗。

9月20日の半沢直樹も非常に熱かった。次回が最終回のようだが、今から心がワクワクして止まらない。

ところで半沢はする事する事が全て(最終的には)成功している。もちろん途中経過として失敗することはあるが、最終的には全ての物事が成功しているのである。半沢の成功率は100%?もちろんこれはドラマだから出来ることなのではあるが、しかし多くの人はできるだけ成功率を上げたいのではと思っているのではないだろうか?

しかし僕は自分の成功率にはあまりこだわっていない。だからなのか、僕の物事の成功率は非常に低い。もちろん、僕だって成功しようと努力はしている。しかし数字は結果論であるので、あまりこだわらないようにしているのである。そして成功を糧にする人がいれば、失敗を糧にする人もいる。僕はもちろん後者。ただ僕は成功の数にこだわるのではなく、成功に質に非常にこだわっている。では成功の「質」とはいったい何なのだろうか?それは根幹的な部分に位置することである。枝葉は数多く散っても、幹は確実に守り成長させる。また幹を成長させて守るためには、多くの枝葉を切り落とさなけらばならないこともある。すなわち僕の数多くの失敗は、将来の幹の構成の布石だと考えている。失敗しないやつに幹を為すような成功は為せない。失敗しないでそれができるのは半沢直樹くらいである。

そして失敗を恐れない意志と言うものが非常に重要になる。そのような意思を持って行った失敗は前向きな失敗となるが、恐れて失敗してしてしまえばそれは後ろ向きの失敗にしかならない。僕の90%、いやそれ以上の失敗のほとんどは意志を持った前向きな失敗だ。だからこそ何も卑屈にならず、それどころか確信を持つ事ができるのである。後はそれらの失敗のなす根幹的な成功まで生きること、それが重要になってくる。そのためにもこれからも頑張って生きよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA