iPad始動。

前からiPadが欲しくて仕方がなかったが、今日ついにiPadを手に入れた。と言っても2019年モデルの無印iPad10.2インチの中古を手に入れたのだが。とは言っても、やはり本当はこの一番安いモデルではなく、iPad Pro12.9インチが欲しいと強く思っている。そしてこの最上級iPad Proは来年前半に5Gとなってフルモデルチェンジすると言われており、その時張り切って20万円出して手に入れようと思う。

このように言うと今回が初めてのiPadだと思われそうだが、実は10年前に初めてiPadが世に出た時、その初代iPadを手に入れていた。なぜその時出たばかりのiPadを買ったかと言うと、これなら論文を見放題ではないかと感動したからだ。しかし当時はiPadの使いこなし方がわからず、結局ほとんど使わないで放置することとなった。そして今回もiPadを手に入れた一番の理由は論文を読むことだが、今ではiPhoneを縦横無尽に使いこなしコンピューターに関してかなり豊富な知識を習得してきたので、改めてiPadを手に入れて使い倒そうと思ったのである。

iPadを手に入れたのは良いが、環境構築にかなりお金がかかりそうだ。その中でも一番重要なのは、もちろんVPN(バーチャルプライベートネットワーク)だ。VPNは世の中にピンからキリまで存在しており、iPhoneアプリなどを見ても無料VPNアプリもかなりたくさん存在する。しかしVPNはセキュリティーとプライバシーの核になるものなので、そこをケチっては意味がないどころか、逆に危険性が増してしまう。世の中では無料VPNアプリ(特に中国系)ほど怖いものはないと言われている。VPNはお金が安全の質に直結してくる。なので徹底的に調べ、さっそく良いと思ったVPNと年間契約(一年で一万円以上)することにした。

あらかじめ論文や電子書籍をiPadに沢山入れておけば、外出先でも読み放題だ。今回の僕のiPadはWi-Fiモデルなのでモバイル通信はできないが、ちゃんとしたVPNを入れておけば外出先でのフリーWi-Fiもかなり安心して使える。

さあ、iPadをどれだけ使い倒せるか?そしてどれだけ研究に生かし結果を出せるか?外出先で論文が読めるのは非常に大きい。できれば来年の前半までに結果を出し、来年発売される20万円以上のiPad Proを手に入れるのが一つの目標である。さあ、頑張るぞー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA