リレー日本代表、攻めて失敗した選手たちを称える!

8月6日もオリンピックでは様々なドラマがあった。まずは女子1500メートルで田中希実選手の8位入賞には非常に興奮させられた。そしてその一時間後に行われた400メートルリレーでそれは起こった。バトンミスによる失格だ。その時は何が起こったかわからず呆然としたが、バトン受け渡し区間内で上手くバトンを渡せなかったようだ。しかしその後の選手たちのインタビューでは、4人それぞれが口々に「攻めて行った結果だ」と発言された。もちろん僕のような素人にはそこまではわからない。しかし攻めて行った結果の失敗ならそれは大いに賞賛すべき失敗だと僕は思う。これこそ日本人に最も欠ける部分だと思うからだ。

日本人と言うものは何かと安全志向だ。とにかく確実に成功する保証がないと動かない。もちろん皆が皆そうとは限らないが、日本人の特性でそのようなところがあることは多くの人が認めるところだと思う。しかし僕は安全志向でなんとなく掴んだ成功より、攻めて攻めて攻めまくった結果の失敗の方がはるかに価値があると思う。もちろんオリンピックは4年に一度なので、頻繁にやり直すことはできない。泣いても笑っても4年に一度なのだから。しかし4年に一度の舞台でこのような失敗をしたことは非常に貴重である。

しかし僕は、いや、多くの日本人は同じような不満を抱えていると思う。それは今一番勢いのある日本人選手であるデーデー・ブルーノ選手の走る姿を一度も見れなかったことである。僕も正直言って、ブルーノ選手の走りを一番見たかった。まだ評価の固まっていない選手なので、どうなるかは全く分からない。そのような未知の選手だからこそ、その可能性に懸けてみたかった。しかし僕は今回出場した全ての選手に対して不満はないどころか、大いにリスペクトしている。とは言え、政府のほとんどの決定に対しては大きな不満を持っている。何より国民に響く、国民が納得できる説明が全くなされていない。現在のコロナ感染の爆発に対しても、「想定外」と他人ごとのように捉えているように感じられてならない。現在の政権は「菅“保身”政権」である。オリンピックのメダリストに上から目線で電話で話すよりも、政治家にはアスリートの人生を懸けた覚悟を見習ってほしいものである。

開催の是非が問われたオリンピックだが、アスリートたちには全く責任はない。なのでアスリートを責める人がいればそれは完全なお門違いである。アスリートにとってはこの4年に一度のオリンピックに人生がかかっている。この4年に一度のオリンピックの活躍次第で、その後の人生が左右されると言っていい。そして今回のリレーの失敗に関しても、その後の人生を大きく左右されるだろう。そしてそれが良い意味で影響されることを強く願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA