ワクチン・副反応で感じたこと。

僕は先日(9月19日)、新型コロナワクチン(モデルナ)二回目接種を受けて来た。一回目の接種では腕が痛くなるくらいしか副反応が出なかったが、二回目の今回は38度の熱が二日続くなど、かなりしんどい副反応を受けることになった。これまで僕は、コロナを防ぐことができるのならそれくらいの副反応は何てことないと思っており、実際現在のようにコロナが蔓延し、命や後遺症の危機を避けられるのならそれくらいの副反応は何てことないと今でも思っている。しかしコロナ禍は今年来年限りで終わるわけではなく、おそらく今後数年、もしかしたら数十年人類はコロナと共存しなければならないかもしれない。そうなると、ワクチンも今後数年にわたって半年に一度定期的に接種することになるであろう。

もしそうなると、ワクチンの副反応も半年に一度感じなければならなくなる。そうなると、今回だけの副反応だけなら「かなり疲れた」と感じて終わることだが、毎年二回となると精神的にもかなりきついことになることが予想される。そしてワクチン接種の副反応による精神的疲れが、今後のワクチンの接種率低下につながることになる。

そこで今後のワクチン開発において、副反応をいかにして軽減させるかと言う事が重要な課題になる。もちろんコロナの発症率を抑えるとか感染を防ぐと言う事は言うまでもなく重要だが、副反応の低減はそれと同じくらい重要である。しかしコロナを抑える効果は意図して設計するのに対して、副反応は意図せずに起こるものなので、これを低減させることはコロナを抑える効果以上に難しいかもしれない。しかしこれは避けて通れない道だ。

ワクチン開発は、アメリカやヨーロッパが二歩も三歩もリードしている。それに対して日本メーカーが存在感を示すことは容易ではない。もし同じだけの効果があるのなら、実績のあるファイザー・モデルナ・アストラゼネカが選ばれるのが通常である。そこから日本メーカーが追いつくためには、コロナ抑制効果だけではなく、副作用の軽減を示すことができるかがポイントになる。ワクチン接種圧倒的支持の僕ですらこのように感じるのだから、多くの人にとってはなおさら強く感じるに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA