‘‘何”が安心・安全なのか?

菅氏そして政府は、オリンピックを「安心・安全なものにする」と繰り返し述べている。しかしそもそも「‘‘何”が安心・安全なのか?」と言う事が全く述べられていない。もちろん、コロナが広まらないことが安心・安全であることは誰にでも分かるが、しかしどれくらい収められれば成功で、どれ以上広まれば失敗なのか?と言う事が全く述べられていないのである。つまり数学で言うところの、安心・安全の「定義」が全くなされていないのだ。このままだと、例えどれだけコロナが広まり問題になろうがうやむやにされる可能性があるし、また例えコロナが広まっても「想定内だ」と言い逃れされてしまう。つまり菅氏をはじめとする政府は、初めから言い逃れできる状況を作り出そうとしているのである。

もちろん、コロナの抑え込みに成功して大会を終えることができる可能性もゼロではない。おそらく政府もそうなれば儲けものと思っているのであろう。しかし現段階でも、ウガンダ代表のコロナ感染問題など既に問題が表面化している。しかし政府は対応を自治体に丸投げして責任を擦り付けようとしている。

そもそもトップ(首相)とはどうあるべきか?トップとは責任の最終所在地である。なので問題が起きた時、最終的に責任を取るべきなのはトップ(首相)なのである。そのために首相には最大限の権限が与えられている。つまり民主主義国家において、権力と責任はセットであると考えなければならない。しかし現首相の菅氏には、権力を振りかざすことしか考えていないように見える。「責任」とは口には出すが、口だけであって全く責任を取るようなしぐさがない。つまり「義務を果たさず、権利だけを主張する」独りよがりな老人にしか見えないのである。

改めて言うが、安心・安全の定義をはっきりさせることは非常に重要だ。これをはっきりさせないと、国民はどこを目指して取り組めば良いかわからない。つまりどれだけ自粛すれば良いのかわからないのである。そのような状況で「頑張って自粛しなさい」と言われても、従う気になれない国民が多いのも当然だ。そもそも自分の行動を背中で見せなければならない総理がステーキ会食をして政局にうつつを抜かすのが現日本の政府の実態なのである。今の菅氏の行動・発言を見れば、政治家の資質と言う事以前に、人間そのものの資質が疑われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA