お洒落。

僕はお洒落かどうか?と問われれば、お洒落な方だと思う。そしてお洒落に関して自分なりにこだわりもある。そこで僕が理想と考えているお洒落とはどういうものかと言うことを、少し書いてみたいと思う。

あるファッションディレクターが言っている事で、僕も同感な事だが、どのようなお洒落を目指すかという時、それは「最高の普通」と言うことである。よくお洒落にこだわる人が陥りがちなのが、奇抜になりすぎることだ。なぜそのように奇抜になってしまうかと言えば、それは「特殊なお洒落」を目指しているからだ。そしてなぜ「特殊」を目指しているかと言えば、おそらく個性を出したいのだろうと思う。これはまさしく、「最高の普通」とは対極にあるお洒落だ。このようなお洒落は、僕にとっては最高にカッコ悪いと感じてしまう。

もしかしたら、普通のお洒落では個性が出ないのでは?と思うかもしれない。しかしそれでいいのだ。僕は個性は服装などのファッションで出すべきものでないと思っている。個性とは人間性である。なので個性は人間内部から出さなければならない。巷にいるファッションで個性を出そうとしている人たちは、自分で個性がないと言っているみたいなものだ。ただ何も服装の事を考えずにダサいのもそれはそれで問題かもしれない。なぜなら自分はそれでいいと思っていても、それを評価するのはその人を見る他人である。なので最低限の身なり、清潔感には気を付けなければならない。

そして大事なのは、お金をかければお洒落になると言うものではないと言うことである。もちろん最低限のお金は必要かもしれないが、服装より重要になってくるのは体付きである。お金を注ぎ込むよりも圧倒的に効果があるのは筋トレだ。なので僕は筋トレを毎日ほぼ欠かさずに行っている。何もジムに行く必要はない。自宅でダンベルを持つなり腹筋・腕立て伏せをするなりして鍛えればよい。ランニングも効果がある。まめに体を管理して細マッチョを保って行こうと僕は決めている。

かけるお金は適度にして「毎日お洒落生活は」は非常に楽しいものである。そしてお洒落を決めるためにもいろいろ試行錯誤することになる。すなわち結構頭を使うものだ。なので僕の思考生活の中でお洒落はその一部として機能している。そしてこれからも筋トレを継続して、一石二鳥とばかりにお洒落と健康を手に入れたいと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA