お金以外の価値を見出せるか?

人間は人それぞれ価値観は大きく違う。それによってある人には大きな価値があると感じられることが、他に人には何の価値も感じられないと言う事も多々ある。しかし一つだけ誰もが大きな価値を感じられるものがある。それは「お金」である。どんなに思考能力がなくても、お金の価値だけは理解できるのである。もちろん非常に立派な人間でもお金の価値を感じるだろう。

お金の価値を感じることは至って普通の事である。しかし非常に危険なのが、「お金の価値しか感じられない」ことである。極論を言えば、人生とはお金以外の価値を感じて行く過程だと言える。お金以外の何かに大きな価値を感じ、それに打ち込んでいく。もちろんそのことにお金が発生すればなおさら良い。いや、もしそれを仕事とするのならば、お金をもうけられないと持続性をもたらすことができない。プロ野球選手のほとんどが野球をプレーすることに大きな価値を感じているだろうが、しかしそれによって得られる大金も大きなモチベーションの向上になるであろう。

僕は幸いなことにお金以外の事に大きな価値感を感じることができた。それは数理物理の研究、すなわち数学と物理だ。この二つを僕に与えていれば、おもちゃを与えられた赤ちゃんのように機嫌よく楽しんでいられるだろう。しかし何かに価値を見出しそれに打ち込むことは、もちろん楽な事ばかりではない。それに打ち込んでいるからこそ死ぬほどきついことも多々ある。しかしそのような苦しみさえやりがいに感じられる何かがあるのだ。そしてそのように感じられるのも、それが自分で選んだ道だからである。

もし目の前の人間を評価したいとき、「あなたにとって価値あるものは何か?」と尋ねればよい。そうすれば誰もが「お金だ」と言うだろう。重要なのはその次だ。もしお金以外に何も価値を感じられなければ、その人は取るに足りない人間である。もしお金以外の事に大きな価値を感じることができるのならば、それは車で言えば大排気量エンジンを持ち合わせているのと同じである。電気自動車が普及し始めた現代風に言えば、大容量バッテリーと強力モーターを持ち合わせていると言える。お金は物質的に豊かな生活をもたらしてくれる。しかし精神的に豊かな生活を求めるのならば、お金以外の価値を感じることが必須である。そしてそれは人生を通じて大きな財産になるであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA