ガースー(菅)の無策無能ぶり。

初めに言っておく。今回の記事は菅をこき下ろすものだ。そしてもう一つ言っておく。もう菅に敬称は付けない。呼び捨てにする。もう僕の頭は怒りから火が飛び出て消火できないレベルだからだ。

僕は菅が総理に就任した直後から、菅を批判し続けてきた。しかし就任初日だけは、さすがにまだ総理として何も行っていない菅を批判するのもおかしいと思い、中立な目で見てみようと言う立場を表明した。しかしすぐに僕の予想は悪い方向で的中してしまう。日本学術会議問題、そしてコロナ対策。菅のする事全てに共通することは、陰湿、そして自分の頭で考えられない(つまり無能)、そして保身だ。そして僕の頭からは火が飛び出て来た。

ではなぜ、僕は菅の就任直後から菅を批判し続けてきたのか?それはそれまでの官房長官としての菅を見続けてきた結果だ。しかし菅の官房長官としての仕事はこれまで評価されてきた。なぜ官房長官・菅は評価されてきたのか?それはまず失言しない事、そして批判を上手くかわし続けてきたことだ。しかし総理となった今となってはどうだろうか?失言しないのは官僚が用意した原稿を棒読みしているから。そして批判を上手くかわすのは責任逃れに終始しているから、と言い換えられる。

先日、日本国民として衝撃的な言葉を聞く。「ガースーです!」菅がニコ生で放った言葉だ。若者に媚びを売っている場合か!コロナで国民が苦しんでいる中、無神経にもほどがある。もちろんコロナ対策で有効な手を打ち出し続けているのならまだわかる。無策無能をさらし続け、この無神経である。はっきり言って、菅に総理の資格はない!

なぜここまで僕が怒っているのか?それは総理としての資質の問題もあるが、根本をたどれば全て菅の人間性にたどり着く問題だからだ。政治家として以前に、人間としてどうしようもない人間だ。十年ほど前の民主党政権時代、菅(カン)元首相はかなり批判を浴びた。菅(カン)氏も当時は相当こき下ろされたように記憶している。しかし菅(スガ)より菅(カン)氏の方が百倍マシだ。少なくとも菅(カン)氏は菅(スガ)のように陰湿に物事を進めるようなことはほとんどなかった。なので菅(カン)氏を呼び捨てにしようとは思わない。僕が批判していた末期の安倍政権時でさえ、安倍前首相の事を呼び捨てにするなど一度もなかった。しかし菅(スガ)に敬称など付ける気には全くなれない。

現在、菅の支持率は急降下している。言っておくが、支持率が急降下したから僕は菅をこき下ろしているのではない。政権発足時から菅に対してはかなり批判をしている。僕は過去のブログ記事で「菅政権は短命で終わる」と書いた。しかし実際は僕の想像より早く終焉するのではと言う気配になってきた。少なくとも総選挙をすれば終わりだ。

菅の側近たちは、コロナ禍が酷くなってきたから支持率が下がったと言っているらしい。勘違いするな!それは結果論であって、何もしない無策無能ぶりが顕著に表面化した結果だ!コロナ禍が酷くなったのも、GoToキャンペーンや様々な活動の制限を打ち出さなかった結果であるのは明らかだ。僕のような一市民でさえ、GoToキャンペーンが始まったとき、誰が考えてもコロナ抑制に逆行するので停止すべきだと訴えかけた。しかし菅たちは何食わぬ顔で無策を続けている。そしてGoToによるコロナ感染者は数百人に過ぎないと自分たちの都合の良い数字だけをエビデンスだと持ち出し、GoToの停止を訴えかける人たち(医学の専門家を含む)に対してエビデンスがないと無視続けている。

菅!あんたに総理の資格はない!それ以前に人間としても卑劣だ!毎回繰り返すが、石破総理が渇望される。僕は今自民を支持しているのではなく、石破茂氏を支持している。もちろん、石破総理が誕生すれば、石破自民党を全面的に支持するつもりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA