全てにおいて、結果を出すと言うことが大前提。

今、自分の事において夢とか理想、そして大きな希望はあるだろうか?僕は夢も理想も希望も、とてつもなく大きなものを抱いている。子供の頃であれば夢と言うものは見るものであると言う側面は大きいが、大人が見る夢は必ず成し遂げるものである。そうでないと、単なる夢見る乙女になってしまう。

では僕はそれらの夢に対してどこまで成し遂げられているだろうか?確かにまだ結果は出ていない。そういう意味では結果ベースで考えると0%と言えるかもしれない。しかし構想は確実に形成されており、成し遂げるための準備は粛々と進められている。そういう意味では進捗状況は数十%進んでいると言える。もちろん僕自身の意識においては、80%くらい成功すると言う自信はある。後はどう残りの20%を埋め合わせるかだ。

結果を出すためには努力は絶対に必要だが、しかし努力と言ってもただ単に問題に取り組むだけの努力だけではない。体調や頭脳を整える努力。特にいかにしてストレスを押さえるかは僕にとっては深刻な問題である。研究を実行するためには、もちろん体力も重要である。そのような体力を付けるために、ジョギングや筋トレなどによって体作りも怠ってはならない。

もし自己満足だけで十分なら、自分の世界に入り込んで気分に浸るだけで良い。しかしそれを世界に示すためには結果を出すことが全てだ。結果を出すか出さないかは百かゼロである。結果を出すためには時にはリスクにも飛び込んで行かなければならない。金銭的なリスク、そしてそれこそ人生が成り立つかどうかと言うようなリスクまでさまざまなリスクが存在する。僕は金融投資というリスクには全く興味がない。しかし人生に対するリスクは誰よりも取っていると自負している。日々山あり谷ありと波があるのでいつ成し遂げられるかと言うことはなかなか言い切れないが、近いうちに一発目の結果を出せるように全力で前進して行こうと常に取り組んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA