努力の価値。

僕自身、今努力できているか?と言われれば少し疑問だが、ただ努力しようと努力している(変な表現だが)ことには間違いない。しかし努力の一番難しい所は、その努力が必ず結果に結び付く保証はないと言うことではないだろうか。確実に結果に結び付くと言う保証があれば、今の倍くらいの人が努力をするのではないだろうか。しかし努力をしない多くの人は、努力をしても成功するとは限らないという思考から来るものだと思う。

では、努力そのものに価値はあるのか?これは非常に難しい問題であり、それぞれの価値感に基づくものだと思う。僕自身は、必ずしも結果に結び付かなくても悔いはない(いや、ある程度は悔いがあるだろうが・・・)と思って努力をしているが、そう思って努力するためには努力そのものに価値を見出せないとやって行けない。しかし現実は、努力そのものに価値など見出していない人がほとんどだと思う。もし結果が出なかったらその努力など何の価値もないと言う人々だ。確かにそう言われればそうかもしれない。努力そのものに価値を見出している僕がバカなのか?

しかしこのような観念論を延々と繰り返しても仕方がない。これは結果を出して示すべきだ。努力に価値があると言っている人が結果を出して成功すれば説得力がある。しかし何の結果も出せなければバカであると言われるだけである。だから努力をして結果を出すことが重要である。

もしかしたら、努力は苦しいものだと思っている人が多いのかもしれない。確かに苦しい時も多々ある。しかしやりがいだとか結果を出した時の達成感と言うものは格別である。しかしやはり一番重要な事は、結果を出して成功することかもしれない。しかしそのためには、多くの失敗を経なければならないことは確かである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA