模様替え。

今日新しい本棚を買ったので、本棚を設置して本を収納すると同時に部屋の模様替えをした。やはり綺麗になった部屋は気持ちがいいものだ。少し前に「整理整頓はしなくていい」と言うブログ記事を書いたばかりだが、そうは言っても僕も整理する時は整理する。ただ無理に強制的に整理整頓をさせるべきではないと言うことである。

本が仕事道具の僕にとって、本棚は必須アイテムだ。イメージ的には書斎で暮らしていると言う感じだろうか。今回楽天で本棚を買ったのだが、結構リーズナブルな値段でしっかりとしたお洒落で良い本棚を買うことができた。机のすぐ右手に本棚を設置したのだが、重要な本は手を伸ばせばすぐに取り出せる位置に、そして少し離れるにしたがって重要度が下がっていくように配置している。本の配置一つで結構効率が変わって来るものだ。

ただ地震が起きた時、本棚が倒れるのが心配だ。そのために本棚が倒れないように壁に固定しなければならない。地震国に住む我々には必ず考えなければならないことだ。僕自身も阪神大震災を経験しているので、大地震の怖さは少しは分かっているつもりだ。しかしもう二十五年経っているので地震の記憶もかなり薄れている。しかし日本に住んでいる以上、いつ大地震に遭うかはわからない。明日地震が来るかもしれないと言う覚悟を持ち、備えなければならない。

部屋を模様替えして気分一新となり、これが研究にも良い影響をあたえることを願っている。もう時間がない。明日結果を出さなければ明後日の命がないと言う境地だ。明後日以降も生きれるように、少し気分を変えて本や論文と格闘しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA