結果を出すまでは飲まなくてもいい!

僕はお酒は結構好きな方だ。しかもかなり強い。なので飲もうと思えばかなり飲める。しかしお酒などは飲まないに越したことはないと考えている。なので、最近はたまに飲むくらいに留めている。しかし、このたまに飲むのが厄介者だ。最近は体質的に依存傾向が強く、二日連続で飲んだだけで苦しくなる。量的にはそんなに飲んでいない。缶ビール一本とかそのくらいだ。

体質的にこのようになったからには、お酒との付き合い方も考えなければならない。一週間に一回だけでも、数日間は苦しい。なので、思い切って断酒することにした。幸い、現在は依存症でも体の病気でも何でもない。はっきり言って最近はかなり健康だ。そのような健康なうちに、断酒を決行すべきだと考えた。

もちろん、体への影響だけを考えてのものではない。今やるべきことは、数理物理の研究で結果を出すことだ。そのためにまず改善すべきことは何か?と考えると、今はお酒は飲むべきでないという結論にたどり着く。少なくとも、結果を出すまでは一滴も飲まないと決めた。もしお酒を飲みたいのならば、結果を出してから飲めばよい。極めて簡単な論理である。

お酒を飲んでいる時間は楽しい。しかしお酒を飲むことによって犠牲にしていることがあるのならば、そこは考え直した方が良い。お酒を飲むことによるメリットとデメリットを秤にかけ、メリットが大きい方を取るべきだ。そしてメリットが大きい方は、お酒を飲まない方だと僕は結論を出した。

とにかく少しでも早く今取り組んでいることで結果を出して、その時、高級ワインの一本でも開けよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA