自衛隊がなくなるとどうなるのか?

自衛隊に対して否定的な人も多いとは思うが、現在国民から一番信頼されている政府機関は自衛隊であると言われている。昔は自衛隊=戦争と言うイメージから嫌悪感を抱く人もいたが、最近は震災などの災害救助のイメージが強く、好感を持つ人も増えたのではないだろうか?そうは言っても、自衛隊は海外からは軍隊であると捉えられ、艦隊から戦闘機までありとあらゆる兵器を保持している。なので、「災害救助は認めるが、武器を持つ必要はない」と考える人もいるのではないだろうか。しかし、自衛隊から武器を奪うとどうなるのか?あるいは自衛隊がなくなるとどうなるのか?そのような事を考えることは非常に重要だ。

もし自衛隊がなくなるとどうなるのか?自衛隊がなくなった瞬間、瞬時に敵対国からミサイルが飛来し他国の戦闘機が自由に侵犯してくるであろう。確かに武器とは人間を傷つけるものではあるが、それと同時に自分たちを守るものでもある。では盾だけがあればよいのか?いや、剣も必要である。盾と剣は一緒になって防御効果を最大にする。もちろんむやみに剣を振り回すのは良くないが、剣を持つだけでも他国からの抑止効果は大きい。

核の傘の問題は非常に難しいが、この問題を考えることも避けて通れない。核兵器は確かに悪魔の兵器だと言えるが、同時に核抑止力があることも事実である。もしアメリカが全ての核兵器を手放すとどうなるか?これも瞬時に他国から核兵器が飛んでくるであろう。しかし核兵器をなくす方向へと向かわなければならないことも事実である。核を使用し大量殺戮をするなどと言うことはあってはならない。そのためには一時的にアメリカなどが核を維持することも過程として必要である。

しかし、日本は世界で唯一の核被爆国である。なので日本にしかわからない事実もあるし、日本だからこそ主張できることもある。核に関してイギリスが言うのと日本が言うのとでは、被爆国である日本の意見の方が重いことは当然である。日本は唯一の核被爆国として独自路線を行くと言う重要な選択肢がある。しかし現在の安倍首相はアメリカに追従して核を全面的に容認している。見方によってはアメリカよりも安倍日本の方が核に容認的であるとも受け取れる。これは明らかに日本の取るべき立場ではない。確かに日米同盟は強固でありアメリカと歩を共にしなければならないのは分かるが、主張すべきところは主張しなければならない。いつまでもアメリカの顔色をうかがってばかりでは、日米だけでなく世界の平和さえも危うくなってしまう。

自衛隊は国を守る機関であり、自衛隊が武器を保持することは当然のことである。しかし核兵器、あるいはその他の大量破壊兵器は保持すべきでない。そのようなスタンスを貫くことによって、日本の発言力は高まることであろうし、巡り巡って世界の平和にも大きくつながる。今すぐに世界の兵器がなくなると言うことはありえない。しかし長いスパンで考えると、それを極限まで減らしていくことは可能である。しかし治安を守る警察に銃が必用であるように、国を守る自衛隊にも武器は必要である。ただ一つの側面だけを見て判断するのではなく、社会を大局的に捉えて判断することが重要なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA