思想、生き方、考え方」カテゴリーアーカイブ

メリットとデメリット。

現在、ワクチン接種をするかどうかの判断が問題になっている。ワクチンに限らず、どんな薬でもどんな医療でもリスクはつきものであり、少なくともゼロリスクと言うものはあり得ない。そこでそのようなリスクをどう評価するかが問題になってくる。するか?しないか?の判断を下すとき、人間なのでどうしても感情的な事やイメージなどが入り込んでくる。そのような事抜きで判断する事は実際非常に難しいことだ。しかしそのような判断をするときに最も大事なのは、メリットとデメリットを天秤にかけてどちらが大きいかと言う事を比較することだ。

何度も言うが、ゼロリスクと言うものはあり得ない。道端を歩いていても、車が突っ込んでくる可能性もゼロではない。しかしほとんどの人はそんな危険性など考えずに気軽に道を歩き回っている。それはなぜかと言うと、道を歩いて事故に遭う危険性と、家に籠って自由に歩き回れないデメリットを無意識に比較しているからだ。そしてほとんどの人は、家から一歩も出ないことによるデメリットの方が大きいと判断する。さらに言えば、家に車が突っ込んでくる可能性もゼロではないので、家にいることが必ずしも安全だとは限らない。

ワクチンのメリットデメリットを判断する時に最も重要になるのは、副反応(副作用)が起こるかどうかではなく、どれくらいの確率で副反応が発生するかだ。この確率が高ければワクチンの危険性が高いと言う事なので、接種しないと言う選択肢も十分にあり得る。しかし重篤な副反応が100万人に一人の確率で発生するとどうだろう。この100万に一人と言う確率はそのままではイメージしづらいが、満員の甲子園の収容観客人数が約5万人なので、甲子園を20個満員にしたときその中から一人発生すると言う事だ。2020年の交通死亡事故人数が2839人なので、去年交通事故で死亡する確率は、約42000人に一人ほどだ。そして2021年4月10日時点の情報では、コロナによる国内死亡者数は9364人。これを割合で表すと、国民約13000人に一人である。現在アストラゼネカ社のワクチンによって血栓ができると言う副作用が報告されているが、その割合は(イギリス国内の統計では)約2000万回接種して死亡者が19人。なので単純に計算して(一人二回接種することを考慮して)約50万人に一人である。なのでコロナに感染して死亡する危険性の方が圧倒的に高い。

そしてもう一つ大事な事は、副反応と思われるものが本当にワクチン接種と因果関係があるのかと言う事である。ワクチンを接種しなくてもその時期に死亡する人は当然存在する。そのような人が偶然ワクチン接種の時期と重なったと言う可能性は十分にありえる。もちろん100人くらいの集団ならそのような可能性はほぼ皆無と言っていいが、数千万人の集団接種となればそのような人が何十人と出て来る事はむしろ当然のことである。なのでワクチンとの因果関係ははっきりと追究しなければならない。そしてメディアには、単にワクチン後に死亡したと言う事例をセンセーショナルに伝えるのではなく、因果関係がどれくらいあるのかと言う事をはっきりとさせて正確な情報を伝える義務がある。もしメディアが視聴率だけを考えて因果関係がはっきりしない死亡例をセンセーショナルに伝え続けてしまえば、結局最後には国民の首を絞めることになる。

今国民一人一人が、メリットデメリットを正確に判断できるかと言う判断力が試されている。学校で習う勉強が実際には社会で全く役に立たないと言う声をよく聞くが、ワクチン接種の判断をする上では大アリなのである。生物学的な知識、社会的な知識、そして何より数学的(特に確率的)な思考力が大きくものを言ってくる。そのような知識を総動員して正確な判断が出来ないと、回り巡って自分の不利益として跳ね返ってくる。それはもしかしたら命にかかわることかもしれない。そのように考えると、基礎的教養としての学問がいかに大事かと言う事が思い知らされる。

教科書は最強!

「学校の教科書は退屈だ」と言う声をよく聞く。確かに見ようによっては何の変哲もない書き方に思える。しかしそのような偏っていない何の変哲もない書き方こそ教科書の最高の利点であり、まただからこそ教科書は最強なのだ。例えば数学書では、「定理→証明」の繰り返しが退屈でつまらないと言う声をよく聞く。しかしプロの数学者の間で良く参照される「ブルバキ」は、その「定理→証明」の極致であり、だからこそ数学者からの信頼を勝ち得ていると言える。確かに初学者にとってはそのような無味乾燥な書き方は取っ付き辛く、例えば「ファインマン物理学」のような親しみのある書き方の方が良いかもしれないが、しかし物事の本質を自分で掴むためには余計な事が書かれていない方が良く見えるものである。

こんなことを言う僕も、学生時代は教科書を少しバカにした見方をしていたものだ。小学校から高校へかけての教科書は余りにも初歩的であり、いきなり発展的な問題に取り組みたくもなる。しかしそのような教科書を二度三度と完璧にマスターすることは、今考えると決して無駄ではない。最近必要に迫られて(もちろん興味もあっての事だが)高校の生物の教科書を読んだりしているが、それが意外と良く書けているのである。いや、非常に良く書けている。その辺の発展的な生物学の書物を読むのも良いが、その前に高校生物の教科書を読むことは非常に重要であり、むしろ教科書を読み込む方が余程力になる。

大学における教科書は、先生(教授など)によって様々である。もちろん大学によっても難易度が変わってきたりする。しかしどの大学のどの教科書であっても、教科書をしっかりとマスターすることは非常に重要である。そして大学の教科書は、卒業した後でも何年何十年と利用することができる。人によっては卒業した後は教科書類をすべて捨てると言う人がいるようだが、大学の教科書類は死ぬまで持ち続けた方が良いと僕は思っている。高級時計のように子や孫の代まで教科書や専門書を受け継ぐのも良いと思う。

教科書をバカにする人は、物事の本質を理解していない。大学時代の教科書はその後も持ち続けるべきだ。高校の教科書も特に理科系(物理・化学・生物・地学)の教科書は、基本的教養として意味を持ち続ける。もちろん生物学などに関しては学問の進展も早く、20年もすれば教科書の内容もすっかりと変わってしまう。なので10年ごとに新しい教科書を入手して勉強し続けることが肝心である。教科書をバカにする人は、教科書に足元をすくわれる。教科書こそが基本的教養を身に付けるための最強の教材なのである。

ノーリスクはハイリスク!

意外と逆説的だが、リスクを取りに行くことによってリスクを下げられるし、逆にリスクを取らないことがリスクを増大させる。僕は常にそう考えて行動している。例えば僕がよく使う言葉に、「現状維持は没落の始まり」と言うものがある。意味はそのままだが、少なくとも現状維持を目指して発展することは99%ない。それどころか現状維持をしているつもりが、ズルズルと底辺へと引きずられて行く。お金に関するリスクを取ることも重要だが、それ以上に重要なのは人生においてリスクを取ること。そして自己投資を怠らないことが重要である。

自己投資と言うものには、もちろんお金もかかる。なのでお金の投資と人生の投資を明確に区別することはできないが、僕が人生における投資で最も重要視しているのは書物に対する投資だ。人によっては「本など読んでも無駄だ」と言う人もいるかもしれないが、僕が読んだ本の前書きに次の様な言葉が書いてあった。

「どんなに学習がつらいものでも、無知の方がずっと高くつくものである」

もちろん僕は好きで学問に取り組んでいるのだが、人によっては学問に対して拒否反応があるかもしれない。しかしもし学問が本当に無駄なものならば、そもそも学問など存在しないはずだ。そして書物も存在しないはずだ。しかし書店に行けば数多くの本が並べられているし、毎日のように新刊本が発売されている。そして大学の図書館に行けば、それこそ膨大な量の書物が並べられている。書物を読むことは進撃への足掛かりになるし、リスクの低減にもなる。

僕は最近YouTube配信を始めた。なぜ始めたかと言うとその理由はいろいろあるが、一つはリスクを取って進撃するためだ。もちろんそれが成功するかどうかはまだわからない。しかし現在のコロナ禍にあって、今までと同じことをやっていてはそれこそ現状維持をするつもりが没落してしまうことになってしまう。もちろんYouTube動画を作るには、気力も時間もかかる。本音を言うと、研究に全ての時間をかけたいと思っている。しかし今の僕には、「YouTubeを始める」と言う選択肢しかないようにも思える。幸いにも今はテクノロジーが発達し、iPhone一つで動画撮影も動画編集もできてしまう。そう考えれば大きな金銭的な初期投資はほとんどいらない。ならば今すぐ行動すべきだ。

僕の人生に現状維持はない。そして「保身」と言う言葉が最も嫌いだ。いつも自信をもって堂々と行動すればよいと思っている。だからこその失敗をしてしまうこともあるだろうが、失敗をするのは慣れている。そして失敗を成功につなげる方法も見えている。「失敗はリスクだ」と考えている人は多い。しかし失敗こそ成功へとつなげる最も大きな有益リスクではないだろうか?失敗の数は挑戦の数に比例する。なので胸を張って挑戦し続ければ良いのである。

手段と目的を混同してはいけない。

政治の世界を見ていると、いつの時代も賄賂の問題が取り沙汰されている。賄賂とはほぼ全てお金が絡んでいるが、後になって「お金を返したから問題ないだろ」と言う政治家が頻繁に表れる。これこそ手段を目的を完全に混同している典型的な例だ。ここで言うお金のやり取りは手段であって目的ではない。目的は「便宜を図ってもらう事」なのである。便宜を図ってもらう手段としてお金のやり取りが発生するのである。なのでお金を返還したからと言って、便宜を図ったと言う事実は消えない。なので政治家がお金を返還したとしても、何の責任回避にもならないのである。

話は変わるが、新型コロナが流行しだしてから既に一年以上経った。しかしまだ流行が収まる気配はないが、唯一の救いはワクチン接種が開始され、ワクチンによって集団免疫が獲得されれば国内の流行は収まるかもしれないと言う見通しが少しは出て来たことだ。しかし海外ではまだワクチン配布の目途も経たない国は多く、例え日本国内である程度流行を抑えられたとしても、世界的に流行を制圧するためにはまだまだ時間がかかりそうだ。そのようなコロナ流行の時世の中で、人々は極力コロナウイルスとの接触を避けようと試行錯誤している。中にはコロナウイルスに過剰に反応して、過剰な行動とをとってしまう人もいる。そういう僕も色々と過剰な反応をしてしまうことが多い。しかし問題の本質はコロナに感染しないようにすることであって、極度にコロナらしきものに汚れることを防ぐことではない。例えば、コロナウイルスとの接触を避けるのはコロナ感染を防ぐためであって、そのための手段でしかない。しかしこのような手段を暴走させ、過剰に反応する人も少なくない。

よく「目的のためには手段を選ばない」と言われることがある。確かにビジネスでは変なプライドにこだわって手段を選んでいてはお金を儲けることはできないし、手段を選ばないと言う事はあながち間違ってはいないだろう。しかし「人生においてどのように進んで行くか?」と問うた時、手段を選ばずに進んでも良いものなのか?人生と言うものは結果だけを見て評価されるものではない。歩んでいる道そのものも人生の重要な一部分なのである。なので歩んでいる道(つまり手段)と結果を総合してどのような人生にすべきかと言う事を考えなければならない。もちろんこのような僕の意見に反発する人も多いだろう。お金が全てだと言い、お金を得るためには手段を選ばないと言う人もかなりいる。しかしそのような人間ばかりではないことも事実である。命より大切なものはほとんどないが、お金より大切なものは沢山あるし、もしそのようなものはないと言う人がいればおそらく精神が貧弱な人だと僕は思っている。

ただ手段は一つだけではない。いくつかある道のうちからどの道を選ぶかとなった時、熟考を重ねて、しかしながら時には瞬時に判断しなければならない。そのような判断すべき時に、まともな判断ができるかと言う事は、これまで自分が歩んできた道が関係して来るものだ。自分の価値感と言うものは、これまで自分が歩んできた道に大きく左右される。なので手段(道)にこだわると言う事も非常に重要なのではないかと僕は強く感じている。

お金以外の価値を見出せるか?

人間は人それぞれ価値観は大きく違う。それによってある人には大きな価値があると感じられることが、他に人には何の価値も感じられないと言う事も多々ある。しかし一つだけ誰もが大きな価値を感じられるものがある。それは「お金」である。どんなに思考能力がなくても、お金の価値だけは理解できるのである。もちろん非常に立派な人間でもお金の価値を感じるだろう。

お金の価値を感じることは至って普通の事である。しかし非常に危険なのが、「お金の価値しか感じられない」ことである。極論を言えば、人生とはお金以外の価値を感じて行く過程だと言える。お金以外の何かに大きな価値を感じ、それに打ち込んでいく。もちろんそのことにお金が発生すればなおさら良い。いや、もしそれを仕事とするのならば、お金をもうけられないと持続性をもたらすことができない。プロ野球選手のほとんどが野球をプレーすることに大きな価値を感じているだろうが、しかしそれによって得られる大金も大きなモチベーションの向上になるであろう。

僕は幸いなことにお金以外の事に大きな価値感を感じることができた。それは数理物理の研究、すなわち数学と物理だ。この二つを僕に与えていれば、おもちゃを与えられた赤ちゃんのように機嫌よく楽しんでいられるだろう。しかし何かに価値を見出しそれに打ち込むことは、もちろん楽な事ばかりではない。それに打ち込んでいるからこそ死ぬほどきついことも多々ある。しかしそのような苦しみさえやりがいに感じられる何かがあるのだ。そしてそのように感じられるのも、それが自分で選んだ道だからである。

もし目の前の人間を評価したいとき、「あなたにとって価値あるものは何か?」と尋ねればよい。そうすれば誰もが「お金だ」と言うだろう。重要なのはその次だ。もしお金以外に何も価値を感じられなければ、その人は取るに足りない人間である。もしお金以外の事に大きな価値を感じることができるのならば、それは車で言えば大排気量エンジンを持ち合わせているのと同じである。電気自動車が普及し始めた現代風に言えば、大容量バッテリーと強力モーターを持ち合わせていると言える。お金は物質的に豊かな生活をもたらしてくれる。しかし精神的に豊かな生活を求めるのならば、お金以外の価値を感じることが必須である。そしてそれは人生を通じて大きな財産になるであろう。

科学と言うものは、心の眼で見るものだ。

最近非常に痛感している。科学と言うものを(顔についている)目で見たものにこだわっていると、逆に大きなものを見落としてしまうことがある。生物学などでは顕微鏡などで見ることが非常に重要になるが、数学や物理などの特に理論系の学問では、顔の目でなく心の眼で見ることが非常に重要になる。心の眼と言うものは、もちろん論理の眼と言うものも含まれている。意外と人間の(顔の)目で見たものは当てにならないものだ。

数学などの感覚を掴めない人は、おそらく顔の目で見ることにこだわっているように思える。しかし当たり前の事だが、数学において空気のような存在である無限大や無限小、さらには高次元空間と言うものは、心の眼で捉えないと見えない。心の眼が曇るほど、顔の目で捉えようとしてしまう。論理の目が重要なのは多くの人に理解されるであろうが、意外と論理と言うものはそのような心の眼と言う観点から構成されるものだ。なので心の眼で捉えられない論理と言うものは、何の発展ももたらさないことが多い。

世間では数学と言うものは論理が絶対だと言われることが多い。なので数学と言うものは究極的に無機的なものであり、無味乾燥なものだと映るのかもしれない。しかし心の眼で捉えた論理と言うものは究極的に有機的なものであり、最も自由なものでもある。それが数学が最も自由な学問であると言われるゆえんである。

顕微鏡で捉える生物学においても、心の眼と言うものは非常に重要であると僕は考えている。例えばワトソン・クリックの発見したDNAの二重らせん構造にしても、その発見のもととなったX線写真からはとてもじゃないが二重らせんは想像できない。しかし彼らの心の眼にある程度の姿が映っていたからこそ、そこから二重らせん構造が結論付けられたのだと思う。一流科学者と三流科学者の決定的な違いはそのようなところにある。

心の眼と言う言葉は、文学などの文系学問の専売特許だと思われるかもしれない。しかし文系や理系と言う区別をすること自体が既に本質を見誤っているのである。もちろん科学と文学では異なるところもたくさんあるが、根をたどれば共通するところもある。その一つが心の眼で見ると言うところであると僕は考えている。

統計としてIQを調べるのはいいが、個人をIQで評価するのは間違っている!

今に始まったことではないが、人々は偏差値とかIQで人を評価することが好きだ。もちろん、偏差値とかIQを一つの評価基準として取り入れるのは悪い事ではないが、あくまで‘‘一つの’’評価基準であってそれが全てになってはだめだと強く感じている。その一方、統計としてIQを取り入れるのは悪いとは思わないが、その場合にもそれが全てとなると重要な事を見逃してしまうことになる。

そもそもIQとか偏差値で評価すると言うのは、思想的に非常に低レベルな事である。アインシュタインのIQがいくつだとかよく言われるが、そもそも一流の物理学者がIQと言う低レベルな試験を受けると言う事自体おかしな話であるし、アインシュタインを数値で評価すること自体アインシュタインに対して非常に失礼な話だ。そもそもIQがいくらだとか言われて評価されている人は、所詮IQで評価される程度の人間でしかないと言う事だ。

物理学者や数学者の才能をIQで評価できるなどと言う事は絶対にない。学者は研究内容の結果で評価されるのである。英語を日常的に使っている人なら、英検やTOEICの点数で評価することが非常にバカバカしいことがわかるであろう。英語のテストが出来る事と実際に英語が使えるかと言う事は基本的に別の話である。もちろん全く関係ないとは言わない。統計を取れば英語のテストの点数が高い人と英語が使える人には相関関係があるだろう。だからと言って、英語のテストの点数だけで英語力を評価するのは間違っている。

日本はテスト大国である。もちろん海外にも大なり小なりそのような傾向はあるだろう。しかしテストだけを見て、何か大切な事を見逃しているように思えてならない。例えば情熱だとか独創性だとか。そのような事は数字には表れにくいが、それがある人とない人ではその後の伸びしろが全く違う。偏差値天才やIQ天才と真の天才は全く違う。もちろん真の天才がIQや偏差値も高いと言う事は十分にあり得ることだ。しかし数字と言うお手軽で無思考的なもので評価するのではなく、アインシュタインであれば彼の研究内容である相対性理論などの理論を理解して評価することが非常に重要なのである。もちろんそれができないから数値でお手軽に判断しているのであろうが、それは将棋の形成判断を内容を見ずにAI評価の数値だけ見て判断しているようなものである。しかし人間はAIではなく、生身の総合的存在なのである。

知を高めたい!ただそれだけ。

「知を高めたい」それだけだ、と言えば嘘になる。生きて行くためにはお金も必要だし、地位や名誉にも興味がない訳ではない。しかし僕の生きる一番の原動力になっているのは、知への欲求であることには間違いない。小学生の頃から数学や物理(理科)に興味があり、素粒子の世界に夢を見ていた。もちろんこれまでに興味の微修正はあったものの、大筋ではその頃と変わりはないと思う。

今、コロナ禍で様々な欲求が抑圧され、これまでの生き方が通用しなくなっている。それはもちろん僕にとっても同じであり、なので新しいことに挑戦して切り抜けようと考えている。そして学問においても、これまで数学・物理一辺倒だったものから、興味の幅を圧倒的に広げようとしている。特に現在はコロナ禍と言う事もあって、コロナに関する科学的情報を身に付けることに力を入れている。

コロナに対する対処として、「正しく恐れることが大事だ」とよく言われる。では正しく恐れるためにはどうすれば良いのか?そのためには敵の情報を正しく掴むことが最も重要だと僕は考えている。なのでコロナを正しく恐れるためには、コロナによる社会的状況だけでなく、コロナに対する科学的知識を身に付けることが非常に重要である。しかし現実を見ていると、感染者数などの社会的情報は頻繁に伝えられるものの、科学的情報が見過ごされているのではないかと強く感じる。人によっては科学的な情報など一般人には無意味だと言うかもしれない。しかし正しい科学的情報が正しい行動へと導くと僕は考えている。

これからはワクチン接種を行っていくと言う段階に入った。そこでワクチンの科学的情報を正しく認識することが重要になってくる。ワクチンの仕組みも知らずに、ただ報道情報に煽られて恐れるのは究極の無知でしかない。とは言っても、ワクチンを接種するかどうかは個人の判断に任される。なのでもしワクチン接種を拒否するにしても、科学的知識に基づいた判断であって欲しいと強く願っている。

重箱の隅から本質が見えることがある。

傍から他人のしていることを見ると、どう見ても重箱の隅を突いているようにしか見えないことが多々ある。しかし自分が実際にその問題に取り組んでみると、それまで重箱の隅のように思えていた事が、実は本質的な事であったことに気づくことがある。特に数学においてはそのような事が顕著に表れる。単なる重箱の隅ではなく、いかにして本質的な重箱の隅に取り組むかが大事なのである。

数学においては、99%出来上がっているのに残りの1%がどうしても解決しないと言うことがよくある。多くの数学の大問題も、現在そのような状況である。残りの1%に労力の99%を注ぎ込まざるを得ないことはよくあることだ。特に数学理論においては、論理的に100%完璧であることが求められる。1%でも隙があれば、それは定理としては認められず「予想」として取り扱われる。実はこの1%と言うものが曲者である。「99%上手くいっているのだから、それは正しいに間違いない」と言いたいところだが、しかしその残りの1%に大どんでん返しが潜んでいるのである。なので1%と言えども、それが全てと言っても過言ではないくらいだ。

しかしこれは数学に特有のことかもしれない。他の学問においては、1%不都合な事があっても99%上手くいっていればそれは正しいものだと見なされることが少なくない。いやほとんどにおいてそうである。それどころか、49%不都合であっても51%上手くいっていればその理論は認められるかもしれない。しかし数学においては100%が求められるのである。「あと1%」ではない。「残りの1%が全て」なのである。

最近あらゆる学問が面白い。僕は数理物理が専門であるが、そのような科学研究者にとって社会学や歴史学、あるいは文学は不必要なのか?いや、僕は全く違うと考えている。自分の専門分野と言うタコつぼに閉じこもるのではなく、あらゆる分野の知見を身に付けることは非常に重要である。なぜなら科学者である前に人間であるからだ。なので人間活動に付随する出来事には常に感覚を研ぎ澄ませていなければならない。確かに理論研究者が実験をすることはほぼ不可能であろう。ならば理論で出来る事だけでもやればよい。それだけでも手に余るくらいの多くの分野があるだろう。もし自分が理論研究者と名乗るのならば、理論分野のあらゆることに対して深い知見を持っていなければならない。

コロナが収まったら暴れまくる!

緊急事態宣言が発令して感染者の数は少しは少なくなったが、しかし感染が収まる気配はあまりしない。おそらく緊急事態宣言が解除されればまた増加傾向をたどるだろう。しかし唯一の救いは、ワクチンが急速に実用化され、今年の中頃までには何とか広く行き渡る気配であることだ。ワクチンに関しては否定的な意見があるものの、僕はワクチンの効果は絶大であると考えている。

今、コロナ禍にあって思うように活動ができず鬱々している人は多いだろう。だからと言って今暴れまくってしまえば感染のリスクを増加させることに他ならない。今は我慢の時だ。僕自身も様々な活動を我慢している。しかしだからと言って、何もできない訳ではない。家に引きこもっていてもできることはいろいろある。理論的な研究などは外出しなくてもいくらでもできるし、このコロナ禍を機に新しい活動を始めることもできるだろう。僕自身も今新しいことを始めようと準備している。

ワクチンは多くの人が接種してこそ意味がある。もちろん個人が接種することにもメリットは大きいが、個人が免疫を付けると同時に、国全体が集団免疫を付けることも非常に重要だからである。そしてワクチンが広く行き渡りコロナの危険性が格段に少なくなれば、その時に暴れまくればいいと思っている。その時には僕自身も、研究に、そしてあらゆることに対して暴れまくろうと思っている。

晴耕雨読ならぬ、晴耕コロナ読。今は室内で出来ることをすればよい。もちろん外出せざるを得ない時もあるのでその時は僕も地下鉄に乗って出歩くこともあるが、幸い数理物理の研究は室内で出来る。そしてコロナから解放されたときに暴れまくる準備も徐々に出来つつある。今はその時のために粛々と出来ることをすべき時である。